PR

 このパートで記載している料金、価格は2014年6月初旬時点の税別価格です。
 税込み価格を記載する場合は、別途その旨を記載しています。

 スマホの基本料とパケット定額料は削るのが難しく、端末代を含めて月に7000~9000円はどうしてもかかる。この部分をさらに削減するには、思い切った対策が必要だ。

 具体的には、従来のキャリアをやめて、もっと基本料やパケット定額料の安い、割安なスマホに乗り換える。いわば“脱3大キャリア”が必要となる。

 乗り換え先の候補となるのは図1の通り。まず第1の候補がイー・モバイル。3大キャリアに次ぐ第4のキャリアだが、大手よりも手ごろな料金体系になっている。

格安スマホで脱3大キャリアを
図1 基本料やパケット定額料を根本的に削るには、通信キャリアの変更が必要になる。第4の携帯キャリア「イー・モバイル」や、ビッグローブ、フリービットなどの格安スマホに乗り換えたり、格安SIMを使う方法がある
図1 基本料やパケット定額料を根本的に削るには、通信キャリアの変更が必要になる。第4の携帯キャリア「イー・モバイル」や、ビッグローブ、フリービットなどの格安スマホに乗り換えたり、格安SIMを使う方法がある
[画像のクリックで拡大表示]

 次の選択肢が「格安スマホ」と呼ばれるスマホ。ビッグローブやフリービットモバイルなどの通信事業者が販売しており、端末代を含めて月額料金が2000~3000円台と激安だ。話題となった大手スーパー「イオン」が販売しているスマホも同じタイプだ。

 最後が、格安SIMを使う方法。自分で格安SIMを購入して手持ちの端末に挿せば、月額料金を1000円台にまで下げられる。

 注目すべきなのは、図1の4つの候補の中で、イー・モバイル以外は、すべて「格安SIM」を採用している点だ。話題の格安スマホの正体は、格安SIMを取り扱っている通信事業者や大手量販店などが、格安SIMとスマホをセットにして販売したものと言える(図2)。格安といっても、実際の通信はNTTドコモやauの通信網を利用している。利用エリアやつながりやすさは、大手のスマホと同等だ。

端末と格安SIMを一緒に購入できる格安スマホ
図2 格安スマホとは、スマホと月額料金1000円ほどの「格安SIM」をセットにした製品。格安SIMを扱う通信事業者や大手家電量販店、大手スーパーが販売している。格安SIMの利用エリアはドコモやauと同じ
図2 格安スマホとは、スマホと月額料金1000円ほどの「格安SIM」をセットにした製品。格安SIMを扱う通信事業者や大手家電量販店、大手スーパーが販売している。格安SIMの利用エリアはドコモやauと同じ
[画像のクリックで拡大表示]

大手携帯電話会社の新料金プランに対応した料金の見直し方法から、
話題の格安SIM、無料のWi-Fiスポット、無料通話アプリの活用法まで、
通信料金を安くするノウハウをまとめてお伝えします!
【特集】知らないと損する!スマホの料金
【特集】よくわかる! 格安通話の選び方
【特集】こんなに使える! 無料Wi-Fi
■Amazonでのお求めはこちら
■日経BP書店でのお求めはこちら

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料