PR

 「スマホにしたら通話料が高くなった」と思っている人も多いのではないだろうか。これは、ガラケーの料金プランに含まれていた無料通話分が、スマホではなくなってしまったのが原因。標準では1回目の通話から20円/30秒の通話料がかかるため、高くなるのだ。

 通話料が気になるなら、最近話題の格安通話サービスを検討しよう。高いものでも10円/30秒。キャリアの標準の通話料と比べると半額以下だ(図1)。

通話少なめの人なら断然安い格安通話サービス
図1 主要な格安通話サービスの通話料は、大手キャリアの標準の通話料と比べると半額以下。月額基本料が不要なので確実に料金を抑えられる。ドコモやソフトバンクの新料金プランと比較しても、有料通話が月に88分以内に収まるなら格安通話サービスのほうが安い
図1 主要な格安通話サービスの通話料は、大手キャリアの標準の通話料と比べると半額以下。月額基本料が不要なので確実に料金を抑えられる。ドコモやソフトバンクの新料金プランと比較しても、有料通話が月に88分以内に収まるなら格安通話サービスのほうが安い
[画像のクリックで拡大表示]

[注1]カケホーダイプラン(2700円)から従来の基本料(743円)を除いた額
[注2]auの電話カケ放題プラン(2700円)やソフトバンクの通話し放題プラン(2700円)から従来の基本料(934円)を除いた額
[注3]ここでは楽天でんわ(10円/30秒)を例に比較している

 大手キャリア3社の新しい通話定額プランは、基本料も含め2700円で国内どこでもかけ放題。これらと比べても、通話が月に88分以内(ドコモの場合は97分以内)なら格安通話のほうが安い。月の通話時間がそれほど多くなく、新プランに移行したくない人にぴったりのサービスだ。

大手携帯電話会社の新料金プランに対応した料金の見直し方法から、
話題の格安SIM、無料のWi-Fiスポット、無料通話アプリの活用法まで、
通信料金を安くするノウハウをまとめてお伝えします!
【特集】知らないと損する!スマホの料金
【特集】よくわかる! 格安通話の選び方
【特集】こんなに使える! 無料Wi-Fi
■Amazonでのお求めはこちら
■日経BP書店でのお求めはこちら

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料