PR

 クラウド手帳のメリットの1つが、スマホとの連携。すべての予定がGoogleカレンダー上で管理されているため、予定の確認や新規登録、変更などパソコンと同等の操作がスマホでできる(図1)。すなわち、毎日持ち歩くスマホが、“手帳”に変わるわけだ。

スマホの標準カレンダーと同期
図1 スマホやタブレットには、標準でGoogleカレンダーと同期する機能がある。パソコンと同じGoogleアカウントでログインすれば、出先でも次の予定の確認や、新しい予定の追加ができる
図1 スマホやタブレットには、標準でGoogleカレンダーと同期する機能がある。パソコンと同じGoogleアカウントでログインすれば、出先でも次の予定の確認や、新しい予定の追加ができる
[画像のクリックで拡大表示]

 AndroidやiPhoneは、標準機能でGoogleカレンダーと同期するのもポイント。パソコンと同じGoogleアカウントを登録すれば、管理している予定がスマホに反映される。

標準カレンダーと同期 音声認識で予定登録も一発

 同期は簡単。Androidは、セットアップ時に設定を済ませている場合が多い。同期しているかわからない人は、アカウント設定の「Google」を開き、登録したGoogleアカウントと同期項目をチェックしよう。図2のように、「カレンダーを同期」が有効になっていれば大丈夫だ。標準のカレンダーアプリを開くと、Googleカレンダーの予定を確認できる(図3)。

標準アプリで予定を確認
図2 Android端末は、通常、セットアップ時にGoogleアカウントの登録を済ませている。念のためGoogleカレンダーと同期しているか、アカウント設定から確認しよう(1~4)
図2 Android端末は、通常、セットアップ時にGoogleアカウントの登録を済ませている。念のためGoogleカレンダーと同期しているか、アカウント設定から確認しよう(1~4)
[画像のクリックで拡大表示]

図3 Googleカレンダーとの同期が有効になっていれば、標準のカレンダーアプリ[注1]を起動するだけで、パソコンで登録した予定を確認できる
図3 Googleカレンダーとの同期が有効になっていれば、標準のカレンダーアプリ[注1]を起動するだけで、パソコンで登録した予定を確認できる
[画像のクリックで拡大表示]

[注1]カレンダーのアプリ名は機種による。画面の「Sプランナー」はサムスン電子「GALAXY S3α SC-03E」の場合。ほかのメーカーでは「カレンダー」などとなる