PR

 韓国LG電子は2008年5月8日、ファッションブランドのプラダと共同開発した携帯電話機「PRADA Phone by LG(L852i)」を日本市場向けに投入すると発表した。NTTドコモが6月に発売する。2007年3月に欧州で発売済みの製品で、タッチパネル式の大型液晶を搭載するのが特徴。アップルのiPhoneのように、画面上のアイコンを手で操作して、電話をかけたりメールを読み書きしたりできる。価格はオープンで、実勢価格は約10万円。NTTドコモは2007年4月に、ドルチェ&ガッバーナとコラボレーションしたモトローラ製の携帯電話機「M702iS DOLCE&GABBANA」(7万5000円)を発売した実績がある。

 PRADA Phone by LG(L852i)の製品仕様は以下の通り。大きさは幅54×高さ101×厚さ12.7mm、重さは92g。W-CDMA対応で、通信速度は最大7.2Mビット/秒(HSDPA)。レンズにドイツのレンズメーカーであるシュナイダークロイツナッハ製を採用した、200万画素のカメラ機能を内蔵する。液晶は3.0型で解像度は400×240ドット。日本語化に伴い、「iモード」「iモードメール」など、NTTドコモの独自サービスに対応させている。なお、ワンセグ放送の受信機能やおサイフケータイ機能は省いた。

 本製品は、既に全世界44カ国で80万台を売り上げている。プラダとLG電子は、通常のプラダ製品と共存できる高級品として日本市場で売りたい考え。「全国のドコモ製品取扱店で発売するものの、イメージ戦略などマーケティング活動はすべてプラダとLG電子が手がけることでNTTドコモと合意済み。プラダ製品として、ブランド価値が下がらない売り方をする」(プラダ・グループのビジネス開発ディレクターであるジャコモ・オヴィディ氏)としている。

 なおNTTドコモでは、「905iシリーズ」以降、携帯電話を購入または機種変更時に、「ベーシックコース」「バリューコース」のいずれかのコースを選べる。本製品も同様で、従来通り、携帯電話購入時に端末代金の一部(1万5750円)を割り引いてもらえるベーシックコースに加え、端末の代金を分割でも支払えるバリューコースも選択可能。本製品も905iシリーズ同様、購入時の負担を軽減できる。