PR

 シャープは2008年6月12日、中国の携帯電話市場に参入する意向を正式に表明した。日本市場で「AQUOSケータイ」として販売している機種を基に、ソフトウエアを中国語化するなどの変更を加え、6月末にも販売を始める。

 中国の携帯電話市場には、NECやパナソニック モバイルコミュニケーションズをはじめ、多くの日本メーカーが参入していたが、その後撤退を余儀なくされた経緯がある。シャープは、現地の携帯電話専売チェーン店との協業により、在庫管理を徹底するなどしてリスクを軽減するとしている。年内にさらに2~3機種を追加で投入し、2009年度の黒字化を見込む。同日開催された携帯電話事業の説明会で、シャープ 常務取締役 通信システム事業本部長の長谷川祥典氏が明らかにした。

中国でも「AQUOSケータイ」ブランド、ただしテレビは見られず

 中国向けの第1弾商品は「SH9010C」。ソフトバンクモバイル向けに開発した「920SH」をベースとし、「W-CDMAの回路を無効にした状態で、GSM専用機として出荷する」(長谷川氏)。中国ではTD-SCDMA方式による第3世代携帯電話サービスが、一般消費者を対象にした商用テストという形式で実質的にスタートしているが、W-CDMA方式での商用サービスは現時点でメドが立っていない。このため、GSM専用機として展開する。日本と同様「AQUOSケータイ」というブランドで販売するが、日中でテレビ放送の規格が異なることから、テレビ視聴機能は備えない。

 長谷川氏によると、参入を決めた理由は主に2つ。(1)北京や上海など大都市で、薄型テレビ「AQUOS」のシェアが高くなっており、シャープやAQUOSというブランドの認知度が向上してきた、(2)年収数千万円~数億円という富裕層が増加しており、富裕層だけをターゲットにしても一定量の市場が見込める、というもの。「北京五輪前という時期を目標にしていた」(長谷川氏)とも明かしている。

 ただし、長谷川氏はこれ以外の事情も挙げている。日本市場で販売されているシャープの携帯電話が、SIMロックを解除された上で非正規に中国でも流通していることだ。「当社が意図していない経路で当社の携帯が中国に輸出・販売されていて、好評を得ている。テレビの営業担当者に対し『シャープは携帯電話を売らないのか』という声も出ていたこともある」(長谷川氏)。正規ルートで製品を供給することで、よりユーザーを拡大できると期待している。正規ルートで輸出することで、分割払いの残金を支払わないなど一部の悪質な非正規ルートの流通をけん制する意味もありそうだ。

 具体的な価格については明言を避けたが、「ハイエンドに位置する価格帯」(長谷川氏)としており、4000~5000元(6万~7万5000円)か、5000元超のレンジを想定しているもよう。当面は北京や上海など大都市の携帯電話専門店でのみ販売し、将来的に家電量販店などへの展開も検討していく。出荷台数やシェアなどの目標は明言を避けたが「いずれは中位機へのラインアップ拡充、中国への開発拠点の設置など事業の拡充も考えていきたい」(長谷川氏)とする。