PR

 ソフトバンクモバイルは2008年7月11日、米アップルが開発した「iPhone 3G」の販売を国内で始めた。内蔵するメモリー容量が8GBと16GBの2モデルがあるが、そのうち16GBモデルの使用感をレポートする。1回目は、パッケージを開封し、携帯電話機として利用してみるまでを紹介する。


これが「iPhone 3G」のパッケージだ。日本の携帯電話機のそれに比べると非常に小さい

 iPhone 3Gのパッケージはとてもコンパクト。デザインもアップルらしさが前面に出ており格好もいい。箱を開けると、いきなりiPhone 3G本体が現れる。本体以外には、説明書と呼ぶにはあまりも情報が少ない小冊子類、本体や液晶の汚れを拭き取るための布、そして米アップルの製品には必ずと言っていいほど同梱されるりんごマークのシールが同梱されている。ほかには、マイク付きヘッドホン、パソコンとつなぐためのUSBケーブル、家庭用コンセントから充電するためのアダプターがある。従来の「iPhone」にも付属していなかったものが、説明書の箱に付いている、小さなクリップだ。これは、携帯電話番号などの契約者情報が書き込まれた「SIMカード」を抜き差しするために使うピンである。


iPhone 3Gの内容物。説明書は付属するものの、その内容はあまりにも情報が少ない