PR

 米アップルが開発した「iPhone 3G」を、ソフトバンクモバイルが2008年7月11日に発売を開始した。日経パソコンでは、ケイタイジャーナリストである石川温氏によるファーストインプレッションを、3回に分けてお届けした。その補足として、iPhone 3Gの特に気になる機能に絞って、操作性を短い動画でご紹介する。

 動画は4本ある。1本目は、電話をかける様子だ。画面上のテンキーで通話先の番号を押してかける方法をまず試みた。後半は、アドレス帳を利用し、登録済みの相手に電話をかけてみた。2本目は、Webブラウザー「Safari」でWebページを表示してみた。かかる時間と、その操作感に注目してもらいたい。

 3本目の動画は、日本語による文字入力の使い勝手である。iPhone 3Gでは、パソコンと同じ「QWERTY配列」キーボード、もしくは携帯電話と同じようなテンキーのいずれかで文字を入力できる。その違いを試した後、独自の工夫点となる十字状に候補となる文字をポップアップさせるという方法も試した。十字の画面が現れる前に指を動かしても入力できる、ショートカット入力もご紹介する。

 最後は、GPS(全地球測位システム)である。「Google Maps」を利用した地図を表示した際に、自動的に現在地を測位する様子を収録している。最初に大まかな位置を示した後、しばらくしてより正確な位置をはじき出す過程が分かる。