PR

 2008年7月11日に販売が始まった「iPhone 3G」の使用感、その第2弾をお届けする。1回目で述べたように、思ったより小さい印象のiPhone 3Gでは、インターネット接続が自在にできることも目玉である。これまでの携帯電話やスマートフォンもインターネットに接続できたが、どう違うのだろうか。Webを閲覧し、メールを送受信する際の使い勝手を紹介する。

 まず、Web閲覧から。iPhone 3Gには、Webブラウザーとして「Safari」が搭載されている。Safariは元々Macintosh用に開発されたもので、現在はWindows版もある。これをiPhoneへ移植したもので、エンジンは共通だ。トップ画面に並んだアイコンのうち、一番下の右から2つ目がSafariの起動アイコンである。

 実際に使ってみると、Safariの実力はかなり高いことが分かる。普段よくアクセスするWebサイトを一通り見て回ったところ、かなり快適だと感じた。ページ全体を表示した状態ではさすがに3.5型の液晶では見づらいが、じっくり見たい部分を指で2回トントンとたたけばそこが拡大表示される。親指と人差し指をくっつけた状態で液晶上に置き、指先を開くようにしても拡大する。アップルはこの操作を「ピンチアウト」と呼んでいる。

 拡大した状態でスクロールするなら、前回紹介したように指先で液晶をこするように上下左右にスライドさせる。元通りに縮小するのも簡単。ピンチアウトの逆の操作、つまり親指と人差し指を、開いた状態からくっつけるようにする(「ピンチイン」と呼ぶ)。とにかく、タッチパネルの実力を存分に生かしているおかげで、読みたい個所へ迅速にジャンプできる。多くのユーザーが、直感的に操作できるiPhone 3Gをここで魅力的だと感じるに違いない。

思ったより小さい印象のiPhone 3G。インターネット接続機能も目玉だ
思ったより小さい印象のiPhone 3G。インターネット接続機能も目玉だ

2本の指を使って拡大縮小できるため、狭い携帯電話の画面でも快適にWebサイトを閲覧できる
2本の指を使って拡大縮小できるため、狭い携帯電話の画面でも快適にWebサイトを閲覧できる