PR

 オリンパスイメージングは2008年8月19日、新しいデジタルカメラ「μ(ミュー) 1060」「CAMEDIA(キャメディア) FE-370」「CAMEDIA FE-360」の3台を発表した。

 μ 1060は、小型ながら焦点距離(35mmフィルム換算値)が37~260mmの光学7倍ズームレンズを備える。カメラが被写体の状況を自動的に認識し、最適な撮影モードに設定する自動シーン判別機能を備えた。これはオリンパスイメージングの製品としては初めて。

 顔認識機能も搭載。人物の顔にピントと露出を合わせるだけでなく、背景の露出も調整する。有効画素数は1000万画素。CCDシフト式の手ぶれ補正機能や、大型の3型液晶モニターを搭載する。

 操作画面のインタフェースは、3Dアニメーションを多用した「3D GUI」を採用。視覚的な工夫を凝らした。例えば、撮影画像を見る場合に、次の画像を表示しようとすると日めくりカレンダーのように画像が切り替わる。撮影画像を削除すると、ごみ箱に画像が吸い込まれる。予想実勢価格は約4万円。発売時期は8月30日。

 CAMEDIA FE-370は、光学5倍ズームレンズを備える800万画素デジカメ。実勢価格は約3万円。手ごろな価格でCCDシフト式の手ぶれ補正、顔認識、自動シーン判別といった多彩な機能を搭載する。液晶モニターのサイズは2.7型。2008年8月28日に発売する。

 CAMEDIA FE-360は、光学3倍ズームの800万画素デジカメ。2.5型の液晶モニターや顔認識機能を備える。CCD方式の手ぶれ補正機能や自動シーン判別機能などは搭載しない。実勢価格は約2万5000円。発売開始は8月28日。