PR

 米国で女性向けサイトへの広告配信を手掛けるグラムメディアは2008年8月19日、グラムメディア・ジャパンを設立し、日本に進出すると発表。その社長にエキサイト元社長の山村幸広氏を起用する。

 すでに仮登記は終わっている状態で、今月中に所在地を確定し、正式に日本法人を立ち上げる。2008年11月にサービスを開始。2009年度の売上げ10億円を目指す。

 グラムメディアは、ファッションやライフスタイルなどのコンテンツを提供する女性向けサイトや個人のブログなどを、米国を中心に640以上集めてネットワーク化。これらのサイトに対して広告を配信している。広告を配信したサイト全体で、月間約7700万ユニークユーザーを獲得しているという。

 グラムメディア・ジャパンの社長に就任する山村幸広氏に対しては、エキサイト退任後、各業界から複数のオファーがあったものと見られる。山村氏は「その中で、グラムメディアに爆発力のようなものを感じた」とコメント。「もう一度、スタートアップからかかわって、将来性を感じる企業で頑張ってみたいという気持ちが強かった。ネット広告はヤフーやグーグルの影響が強すぎるきらいがある。ネット広告を突き詰めて、これから進化させていきたい」とオファーを引き受けた理由を説明した。

 山村幸広氏は1986年、トランスコスモスに入社。日本ダブルクリックの社長を経て、2000年6月にエキサイトの社長に就任。10年務めたのを機に、2008年6月にエキサイト社長を退任した。