PR

 米グーグルの新ブラウザー「Google Chrome(以下、Chrome)」開発評価版(ベータ版)が公開されて一夜明けた。Chromeに搭載されている機能について問題を指摘する報道も出てきている。既にChromeを使い始めているユーザーも、これから使おうと思っているユーザーも、それらの問題についてはあらかじめ理解しておくに越したことはない。

アドレスバーの情報はIPアドレスと共にグーグルに送信される

 アドレスバーでの検索機能はChromeの特徴の1つ。ただし、検索エンジンにGoogleを指定した状態でアドレスバーでの検索機能を使うと、そこに入力した検索キーワードや利用しているパソコンに割り振られたIPアドレスなどがグーグル側に送信され、保存される(詳細はグーグルのプライバシーステートメント「Google Chromeのプライバシーについて」を参照のこと)。

 データは送信したくないと思うユーザーは、以下のように設定してからChromeを使い始めよう。

ウインドウ右上にある「Google Chromeの設定」→「オプション」で設定画面を開く
ウインドウ右上にある「Google Chromeの設定」→「オプション」で設定画面を開く

「高度な設定」タブを開いて、「使用統計データや障害レポートをGoogleに自動送信してGoogle Chromeの機能向上に役立てる」のチェックを外す
「高度な設定」タブを開いて、「使用統計データや障害レポートをGoogleに自動送信してGoogle Chromeの機能向上に役立てる」のチェックを外す
[画像のクリックで拡大表示]