PR

 バッファローは2008年9月18日、汎用のSSD(solid state drive)事業に参入すると発表した。第1弾として、既存の2.5型HDDと交換可能なSerial ATA接続の3モデル「SHD-NSUM30G」「同60G」「同120G」を9月下旬に発売する。それぞれ、容量は30GB、60GB、120GBで、価格は1万6800円、3万3600円、5万400円(税込み)。

 これまで2.5型SSDは、秋葉原のパソコン専門店などで販売されていたが、全国で購入できてアフターサポートを受けられる大手メーカー品はほとんどなかった。今回の新製品投入で、2.5型HDDの代替としての大容量SSDの市場拡大に弾みが付きそうだ。

 今回の製品では、やや古くなったノートパソコンなどに内蔵されている2.5型HDDを外し、同製品を装着して使用することを想定している。パソコンと内蔵HDDを接続するインタフェースがSerial ATAであれば問題なく使える。

 HDDからSSDへの移行をしやすくすることを考え、Serial ATAに加えmini USB端子も備えている。同製品を購入後、まずはUSB経由でパソコンに外付けする。そして添付の「Acronis MigrateEasy」や「同 TrueImage LE」などを使い、これまで使っていたHDDのデータをすべてSSDに移す。その後、内蔵HDDを取り出しSSDを装着すれば、SSDでの読み書きやブートが可能になる。


■変更履歴
記事公開当初、バルク品として秋葉原のパソコン専門店など……とありましたが、「バルク品として」を削除しました。本文は修正済みです。 [2008/09/18 14:05]