PR

 ニコンは2008年10月7日、本体に内蔵したフラッシュメモリーに動画や音楽を保存して再生できる、ディスプレイ一体型のヘッドホン「UP(ユーピー)300」と「UP300x」を発表した。フラッシュメモリーの容量はUP300が4GB、UP300xが8GB。販売はネット直販のみ。10月15日より予約購入を受け付け、12月中旬に製品を出荷する予定だ。直販価格はUP300が5万9800円、UP300xが6万9800円となる。

 ヘッドホンと一体になったディスプレイを目に合わせることで、メニュー画面や動画を表示しながら音声も楽しめる。ニコンによると「これまでも眼鏡型のディスプレイなどはあったが、ヘッドホンと一体になり本体だけで動画や音楽の再生ができるのは初めて」という。操作ボタンはヘッドホン側面に配置。混雑した電車内で両手がふさがった状態でも、動画や音楽を再生できるのが特徴だ。

 ディスプレイのサイズは0.44型で、画素数は約92万。再生時には1メートル先に17型相当のディスプレイが浮かび上がる。ディスプレイを固定するアーム部分は180度可動し、切り替えボタンを押すことで左右どちらの目でも利用できる。レンズにはニコンの光学技術を応用している。ヘッドホンは国内のオーディオメーカーの製品を採用した。「約1万8000円相当のヘッドホンを使用しており、音質にもこだわっている」(ニコン)とのこと。

 各種コンテンツを配信するサービス「UPLINK」も開始する。楽曲のプロモーション動画をストリーミングで聴いたり、利用者からの投稿動画をダウンロードしたりできるという。実際のコンテンツが登場するのは「2008年10月中旬」(ニコン)。本体にはIEEE 802.11b/gに対応した無線LAN機能を搭載しており、提携するホットスポットなどでもUPLINKのコンテンツを利用できる。コンテンツを管理するソフトウエア「UP linkソフト」を使うと、パソコン内に保存した動画や音楽データをUP300やUP300xに送れる。

 対応する動画ファイル形式はMPEG1/2、WMV9、音楽ファイル形式はMP3、WMA9、AAC。ほかにJPEG画像の保存と表示も可能だ。付属の単3形ニッケル水素充電池2本で動画は120分以上、音楽は270分以上再生できるという。

 なお、製品を実際に体感できるように、10月8日から12月7日まで東京表参道ヒルズ本館地下3階のイベントスペースに、特設スペース「UPLAB」を開設する。