PR

 ピクセラは2008年10月31日、Macintosh用の地上デジタル放送チューナーに付属する番組視聴ソフト「StationTV LE for Mac」の無償アップデータを公開した。同ソフトが付属するのは、9月5日に発売したUSB接続型チューナー「CaptyTV Hi-Vision」(図1)。これまで同ソフトは番組の視聴しかできなかったが、今回のアップデートを行うと録画・再生が可能になる(図2)。アップデータは同社のホームページでダウンロードできる。

 録画した番組のリスト表示画面では、録画日時やジャンルに応じて並べ替えることができる(図3)。また番組中の1画面がサムネイルとして表示されるので、番組内容を視覚的に確認できる。未視聴の録画データを誤って消去することがないように、番組ごとにデータを保護する機能も備える。

 既にWindows対応の地デジチューナーでは、ダビング10に対応した番組コピーが可能な製品も発売されている。しかしCaptyTV Hi-Visionでは、今回のアップデートを行ってもコピーには対応しない。Mac用チューナーでは、アイ・オー・データ機器が「GV-MACTV」を10月30日に発売したが、コピーに対応しない点は同様である。