PR

 セイコーエプソンは2008年11月5日、ビジネス向け複合機1機種とレーザープリンター2機種、ドキュメントスキャナー1機種を発表した。11月下旬から12月に上旬にかけて発売する。

 複合機「LP-M5000」(図1)は、月に1000~2000枚程度を印刷するオフィス向けで、価格は29万9800円から。印刷速度はカラーが8枚/分、モノクロが35.8枚/分となる。印刷コストはカラーで15.5円/枚、モノクロは3円/枚。操作パネルを上位機種と同等にして操作性を向上させたほか、給紙機構の改良により紙送りの信頼性を向上させた。ファンレス設計を採用し、待機時にはほぼ無音となる。増設カセットやファクス機能の有無により9モデルを用意。

 モノクロレーザープリンターは「LP-S4200」(図2)と「LP-S3500」の2機種。LP-S4200は、印刷速度が44枚/分の高速機。標準で750枚を給紙できる。また、両面印刷機能のほか、A4用紙を縦と横にそれぞれセットしておくことで、複数部印刷したときに1部ずつを縦横交互に排出して取り分けやすくする「A4縦横ソート」機能を備える。価格は21万9800円。

 LP-S3500は、印刷速度は38枚/分。それ以外の機能は基本的にLP-S4200と同じで、価格は13万9800円。両面印刷機能はオプションだが、これを標準装備したモデル「LP-S3500R」もある。

 両機種ともウイングアーク テクノロジーズの帳票システム「SVF/RDE」とビーエスピーの「DURL/XRF」に対応。また、PostScript対応モデルも用意。

 「ES-D400」(図3)は、A4判対応の高速シートフィードスキャナー。クレジットカードのような厚さ1.5mmのものまで読み取りが可能。両面同時読み取り機能を備え、読み取り速度は40枚/分となる。価格は12万8000円。