PR

 オリンパスイメージングは2008年11月5日、デジタル一眼レフカメラ「E-30」を発表した。同社のデジタル一眼レフカメラのラインアップでは、既に発売している入門向けの「E-420」「E-520」と、最上位の「E-3」の間に位置する中級機となる。発売は2008年12月20日、予想実勢価格はボディー単体で約15万円。

 E-30は、新開発した画像処理エンジン「TruePicIII+」を採用。これにより、誰でも簡単に多彩な写真表現ができる「アートフィルター」機能を実現できた。アートフィルターは、あらかじめ用意された6つの写真表現から好きな表現を選択することで、自分の好みに合った作風の写真が撮れる機能。従来のシーンモード機能に近いが、シーンモードが「夜景」「夕景」などの各種状況下でも最適な写真が撮れることを目的にするのに対して、アートフィルターは同じ状況下でも個人の感性や好みに応じて全く違った印象の写真が撮れる点が新しい。

 6つの写真表現には、例えば鮮やかな色をさらに鮮明に表現する「ポップアート」、粗い粒子でモノクロ写真ならではの力強さを表現する「ラフモノクローム」、トイカメラで撮ったように四隅の光量を落とした独特な表現ができる「トイフォト」などがある。被写体を液晶モニターで確認しながら撮影できる「ライブビュー」機能との連携が可能。アートフィルター機能を使っている際は、撮影する前に撮影後のイメージを液晶モニターにプレビュー表示できる。

 2.7型の液晶モニターを採用。ライブビュー機能を使う際に便利なようモニターを本体から開き、回転した状態で表示できる。撮像素子は1230万画素のハイスピードLive MOSセンサーを採用。従来製品と比べてダイナミックレンジを改善し、高輝度部分で発生する白飛びを抑えている。ほかに、4:3に加えてワイド画面の16:9、中判カメラの6:6などといった合計9種類のアスペクト比で撮影できる機能や、水平・垂直方向の傾きを検出できる「水準器」機能を備える。

 最上位製品のE-3と比べた場合、連写性能は1秒間に5枚と同等。一方、画素数はE-3の1000万画素から1230万画素に向上、液晶モニターのサイズもE-3の2.5型から2.7型に大型化している。ただし、ファインダー視野率はE-3の100%に対してE-30は98%と劣る。E-30は軽量ボディーを採用したため、マグネシウム合金を採用するE-3の方が堅牢性は高い。また、E-3が持つ「防じん・防滴」機能は省いている。

 ボディー単体のサイズは幅141.5×高さ107.5×奥行き75mm、重さは655g。標準的な光学約3.8倍のズームレンズ「ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 II」が付属したレンズキット(予想実勢価格は約20万円)も用意する。

 なお、E-30の発売を記念して購入者に1万円をキャッシュバックするキャンペーンを実施する。対象期間は2008年12月20日から2009年1月12日まで。2008年11月5日から2008年12月19日までの予約期間に予約購入した人には、1万円のキャッシュバックに加えさらに限定本革ストラップをプレゼントする。