PR

 米インテルと米日立グローバルストレージテクノロジーズ(以下、日立GST)は2008年12月2日、サーバーやワークステーションなど企業用途向けのSSDの共同開発を行う計画を発表した。

 ハードディスクドライブ(HDD)の主要メーカーである日立GSTと、NAND型フラッシュメモリーを製造するインテルの協力により、信頼性、性能およびシステム適合性などで世界最高水準の製品を投入するという。両社は2010年初頭を目指して、インタフェースにSerial Attached SCSI(SAS)とFibre Channelを採用するSSDを出荷する。