PR

 ハンファ・ジャパンは12月下旬、サブディスプレイ「UM-710」と「UM-730」を発売する。予想実勢価格はUM-710が1万6800円、同730が1万9800円。

 UM-710/730は、7型のワイド液晶ディスプレイ。映像用のケーブルは使用せず、パソコンとはUSB 2.0で接続する。USBバスパワーで動作するため、ACアダプターやバッテリーは必要ない。ただし、利用環境によっては2ポートつなぐ必要があるという。

 解像度は800×480ドット。ピボット機能に対応し、縦長の表示で使用することもできる。UM-710はディスプレイ機能のみ、同730はそれに加えて130万画素のWebカメラとマイクを内蔵する。

 外形寸法はUM-710が幅195×奥行き97.5×高さ180.2~209mm、同730が幅197×奥行き97.5×高さ180.7~210.4mm。いずれも32ビット版のWindows XP(SP3以降)、Windows Vista(SP1以降)に対応する。