PR

 日本ヒューレット・パッカードは2008年12月18日、個人向けの低価格ミニタワー型パソコン「Pavilion Desktop PC a6700シリーズ」3機種を、12月下旬に発売すると発表した。価格はオープン、想定される実勢価格は約5万円から。同シリーズは、メールやインターネットなどの一般的な用途に加え、動画編集なども行える処理性能と拡張性を持ったデスクトップ機と位置付けられている。本体のみのa6740jpとa6770jpはHDMI端子を装備する。

 「Pavilion Desktop PC a6740jp」は、CPUがPentium Dual-Core(2.2GHz)、メモリー2GB、HDD320GB、ドライブはスーパーマルチ、グラフィックスチップはGeForce 9300GEを搭載する。想定実勢価格は約5万円。

 「同a6770jp」は、CPUがCore 2 Duo(3.16GHz)、メモリー2GB、HDD750GB、ドライブはスーパーマルチ、グラフィックスチップはGeForce 9500GSを搭載する。想定実勢価格は約8万5000円。

 「同a6790jp」は、CPUがCore 2 Quad(2.33GHz)、メモリー2GB、HDD750GB、ドライブはスーパーマルチ、グラフィックスチップはチップセット内蔵のGeForce 7100。a6790jpのみ19型横長液晶ディスプレイが付属する。想定実勢価格は約10万円。

 いずれもOSはWindows Vista Home Premium SP1。HPが独自に開発したアプリケーションソフト「MediaSmart」をプリインストールし、直感的な操作ができるよう「DVD」「音楽」「写真」「動画」の4つのモードを用意した。

 きょう体の前面には、追加オプションのポータブルハードディスク「ポケット・メディア・ドライブ」(オープン価格、実売想定価格は500GBモデルで約2万5000円、1月下旬発売)が搭載できるスロットを備える。