PR

 共同通信は2008年12月18日、女性向けポータルサイト「Deatre(デアトレ)」を開設した。共同通信がニュース系サイト以外のポータルサイトを手掛けるのは、農業や食育にフォーカスした「だんだんたんぼ」に続き2つ目。

 Deatreは、PR会社グラムスリーが手掛けていた女性サイト。共同通信はグラムスリーと業務提携し、今回、大幅にリニューアルした。「今までのサイトでは、情報網などに限界があった。よりアカデミックな情報を入れて、女性のニーズに応えられるサイトにしていきたい」(グラムスリー)。ターゲットは20~30代。コンテンツは「ニュース」「ファッション」「インターナショナル」などの7つの分野で構成する。共同通信が自社の写真アーカイブを利用したコンテンツなども展開する。

 システム運営はグラムスリー、ニュースの提供を共同通信、そのほかの編成や広告営業は両社共同のチームで行う。

 共同通信は、女性サイトを運営する理由を「今まで、硬派なニュースが多く、一番遠かったのが若い女性層だった。モバイルも含めて若い女性をターゲットにしたコンテンツ作りが課題となる中で、今回の話を決めた」としている。2009年1~2月には現在のページビュー(PV)の1.5倍の月間250万~300万PVを目指す。