PR

 マイクロソフトは2008年12月19日、Webカメラを使って簡単にビデオメッセージを送れる、「Windows Live Video Messagesサービス」の提供を開始した。また、Windows Vistaユーザー向けに、デスクトップからビデオメッセージのサービスが利用できる「LifeCam Video Messagesガジェット」の提供も開始した。

 Windows Live Video Messagesサービスは、無料のWindows Live IDを使用してWindows Live Video Messages Web サイトにログインして利用する。ビデオメッセージはWebサイト上に保存されるので、相手がオフラインでも送ることができる。メッセージは最大2分間録画でき、タイトルやメモを追加することも可能。7つの宛先に同時に送信することもできる。メッセージにロックをかけ、相手がローカルに保存したり、転送したりすることを防ぐことも可能。

 受信したメッセージを1回だけ表示させる場合は、Windows Live IDは不要。相手のメールアドレスを指定してメッセージを送信するので、誰にでも送信することができる。

 Windws Vistaのみに対応するLifeCam Video Messagesガジェットは、同社製のWebカメラ「LifeCam」と一緒に使用する。Windows Live Video Messages Web サイトにアクセスせず、デスクトップから直接メッセージを表示、録画、送信、管理ができる。