PR

 グーグルは2008年12月22日、2008年の検索トレンドなどの説明会を開催した。

 ネットでの視聴率調査会社であるネットレイティングスの調査結果を引き、2008年11月の「サーチ」カテゴリーでのページビューが、Yahoo! JAPANの44%に対し、Googleが41%まで迫ったことを明らかにした。

 検索キーワードのランキングは、Googleの日本語サイトである「Google.co.jp」では、1位「yahoo」、2位「youtube」、3位「wiki」、4位「mixi」、5位「価格」だった。

 携帯電話向けのサイトである「Googleモバイル」での検索結果は1位「mixi」、2位「2ちゃんねる」、3位「モバゲー」、4位「痛いニュース」、5位「楽天」という結果だった。なお、Googleモバイルでの検索ランキングでは成人向けコンテンツは削除しているほか、Googleがエンジンを提供しているau携帯電話で搭載されているEZwebやiPhoneからの検索結果は含んでいない。