PR

 ヤマダ電機は2009年1月6日、九十九電機(ツクモ)の事業を譲り受けることで同意したと発表した。2009年1月31日には事業譲り受け契約を締結する予定。ヤマダ電機が九十九電機の民事再生スポンサーとなる。

 九十九電機は、2008年10月30日に東京地裁に民事再生法の適用を申請し、現在は経営再建中だった。ヤマダ電機は、今回の事業譲り受けにより、パソコン関連分野の品ぞろえの拡充や販売力強化、インターネット販売部門と法人販売部門の強化などのシナジー効果が得られる、としている。

 九十九電機のパソコンおよび周辺関連機器の企画開発・販売事業を譲り受ける予定だが「(ヤマダ電機の)どの子会社が譲り受けるか、新しい子会社を設立するかは現在検討中」(ヤマダ電機)としている。