PR

 ファイル交換ソフトのネットワーク調査などを手がけるネットエージェントは2009年1月7日、年末年始における「Winny(ウィニー)」や「Share(シェア)」などの利用状況を公表した。それによると、同期間にWinnyを使っていたのはおよそ24万人、Shareユーザーは17万人だったという。

 同社では独自の検知システムを用いて、WinnyやShareのユーザー数などを調査し、定期的に公表している。今回の調査期間は2008年12月27日から2009年1月4日。

 なお同社のデータでは、ユーザー数ではなく「ノード数」としている。同社の発表資料によると、ノードとは「インターネットに接続された状態で、ファイル交換ソフトを起動している(使用している)パソコン」のこと。1人で複数のノードを使用しているケースは少ないと考えられるため、「1ノード=1ユーザー」とカウントできるとしている。

 同社のデータによると、調査期間中、Winnyを使用していたユーザーは1日平均およそ24万人(図1)。昨年同時期(2007年から2008年にかけた年末年始)と比べると、およそ2割減。Winnyのユーザー数は、2007年中盤以降、緩やかに減少しており、その傾向は現在も変わっていないという。

 Shareについては、調査期間中のユーザー数は1日平均およそ17万人(図2)。昨年同時期と比較すると、およそ1割増。2008年のゴールデンウィーク期間中と比較しても微増だという。

 同社では、「LimeWire(ライムワイヤ)」や「Cabos(カボス)」といったファイル交換ソフトのユーザー数(ノード数)も公表した。それによると、同期間にLimeWireやCabos、あるいはこれらと互換性のあるファイル交換ソフトを使っていたユーザーは1日平均およそ260万人。WinnyやShareの10倍以上だが、その多くは欧米のユーザー。同社が2008年1月に実施した調査によれば、国内ユーザーの多くはWinnyあるいはShareを利用しているという。