PR

 ソニーは2009年1月8日、ポケットサイズのノートパソコン「VAIO type P」を発表し、報道機関向け説明会を開催した。

 VAIO type Pは、CPUにインテルのAtom Z520(1.33GHz)を採用し、大きさが幅245×奥行き120×高さ19.8mm、1600×768ドットの8型液晶ディスプレイを搭載したノートパソコン。店頭販売モデルは2機種あり、ワンセグ受信機能を持つ「VGN-P70H/R・G・W」が1月16日に発売、NTTドコモの3Gデータ通信機能を備える「VGN-P80H/W」が2月中旬に発売される。

 VAIOオーナーメードモデルとして用意されるモデルで64GBのSSDを選択するなどした場合、最低重量はわずか588g。「ペットボトルの重さが約500gなので、いつも持ち歩くという意味ではちょうどいい」(ソニーのVAIO事業本部PC事業部 赤羽良介氏)。

 ソニーマーケティング ITビジネス部門の松原昭博氏は「type Pは、ネットブックではない。大きさ、ファッション性、バッテリー駆動時間など、どれを取ってもユーザーが手放せないパソコンになるように開発した。ネットブックとは一線を画す新たなマーケット」と強調した。開発には1年強費やしたと言い、「とにかく10万円を切る価格で、というのが当初からの目標だった。クオリティを考えると本当にギリギリのところまで頑張った」(赤羽氏)と自信をのぞかせた。

 本製品は、1月16日の発売を待たずに既に一部量販店で実機の展示を開始している。「発売前に実機を展示するのはソニーとしても初の試み」(ソニーのITマーケティング部 プロダクツMK課 統括課長 笠畑恭一郎氏)だという。