PR

 2009年1月8日(米国時間)、ソニー会長兼CEOのハワード・ストリンガー氏が家電展示会「2009 International CES」開幕の基調講演に登壇した。同氏は前日のバルマー社長の基調講演と同様に、「革新を続ける限り、最終的に勝ち残る」と来場者を鼓舞。その方策として、革新を続けるための7カ条を披露した。

 その内容は、「家電とITの融合を進めること」「サービス指向であること」「多機能であること」「オープンな技術をサポートすること」「共有型のサービスを促進すること」「斬新な連携を創造すること」「環境に配慮すること」の7カ条。それをソニー自らが実践していく証として、発表したばかりの新製品・試作機・新サービスを立て続けにデモして見せた。

 デモで登場したのは、ヘッドマウント・ディスプレイ(HMD)の試作機、動画共有サイト「YouTube」やオンライン・アルバム「Picasa Web Albums」にアップロード可能なデジタルカメラ「Cybershot G3」、米Chumby Industriesと共同開発中のデジタル・クロック、曲げられるフレキシブル有機ELディスプレイ、PLAYSTATION 3に向け2008年12月11日に提供を始めたばかりの仮想世界サービス「PlayStation Home」など。中でもHMDのデモは、映画俳優のトム・ハンクス氏が、2006年の基調講演に続いてゲスト参加。会場をわかせた。

 このほかにも、米Walt Disneyと米Pixar Animation StudiosのChief Creative Officerを兼務するJhon Lasseter氏や米DreamWorks AnimationのJeffrey Katzenberg CEOが登壇し、Blu-rayのインタラクティブ性やネットワーク・コンテンツとの連携、立体視が可能な3D動画の革新性などを訴えた。

 今年のCESで勢いを見せつけたのは、これらコンテンツ・メーカーの賛辞に留まらず、コンテンツそのものを会場に提示した3D動画の体験デモ。数分程度の長さながら、3D動画用に制作されたPixarの「Cars」(邦題「カーズ」)とDreamworksの「MONSTERS VS. ALIENS」(2009年3月全米公開)の両アニメーションは、座席に置かれた3Dメガネをかけ視聴した来場者をうならせていた。