PR

 マイクロソフトは2009年1月13日、次期主力OSである「Windows 7」の開発者向けバージョン(ベータ版)をダウンロードするための日本語ページを開設した。インストール方法やPCにあるデータのバックアップ方法、問答集なども併せて公開している。ダウンロードは無料。ベータ版の試用期限は2009年8月1日まで。

 ダウンロードには、同社の「Windows Live ID」のアカウントが必要。32ビット版と64ビット版がある。Webページで入力して「サインイン」すると、利用に必要な「プロダクトキー」が表示され、ダウンロードページへのリンクが現れる。空のDVDへ書き込むためのイメージファイルとして提供されており、容量は2.46GBと大きい。ダウンロードは、自動でインストールされる「ダウンロードマネージャ」で行う。

 Windows 7ベータ版の利用をするために必要な仕様としてマイクロソフトは、1GHzのCPU、1GBのメモリー、16GBの空き容量があるHDD、128MBのメモリーを搭載したDirectX 9対応のグラフィックス機能、DVD-R/RWドライブなどを挙げている。これは、Windows Vistaと大差ない。日経WinPC編集部で、Phenom II X4 940 Black Edition、4GBのメモリー、1TBのHDD(WD Caviar Black)、ATI Radeon HD 2400 PRO搭載ボードという構成にインストールしたところ、およそ30分ほどで終了し、Windows 7ベータ版が使えるようになった。