PR

 米ヤフーは2009年1月13日(米国時間)、昨年辞任を表明したジェリー・ヤン氏の後任として、画像処理ソフト大手の米オートデスク元CEOのキャロル・バーツ氏がCEOに就任すると発表した。

 バーツ氏は60歳。2006年に辞任するまでの14年間、オートデスクのCEOを勤めた。CEO就任時に3億ドル程度だったオートデスクの売り上げを15億ドル以上に成長させた実績がある。オートデスク入社以前はサン・マイクロシステムズ、ディジタル・イクイップメント(現ヒューレット・パッカード)、3Mなど米国の主要企業で要職を務めてきた。

 同時に、スー・デッカー社長がバーツ氏への業務引き継ぎ後、辞任する方針であることを明らかにした。