PR

 日本ビクターは2009年1月15日、内蔵ハードディスク(HDD)に映像を記録するデジタルビデオカメラ「Everio(エブリオ)」の新製品2機種を発表した。120GBのHDDを内臓した「GZ-HD320」と、60GBのHDDを内蔵した「GZ-HD300」があり、ともに価格はオープン。発売は2月上旬で、実売予想価格は前者が12万円前後、後者が11万円前後となる。

 特徴は、約325g(バッテリー装着時は約370g)という小型軽量ながら、1920×1080ドットのフルハイビジョン映像を記録できること。家庭向けフルハイビジョンビデオカメラでは、世界最小・最軽量だという。記録方式はAVCHDで、120GBのHDDを内蔵したGZ-HD320で最大50時間記録できる。約24Mbpsという高画質記録にも対応し、この場合は約11時間記録できる。

 撮像素子は有効116万画素のCMOSセンサーで、最大1920×1080ドットの静止画も撮影可能。ビデオや静止画は、MicroSDやMicroSDHCのメモリーカードに記録することもできる。光学ズームは20倍で、ハイビジョン用に新開発した「コニカミノルタHDレンズ」を新搭載した。サイズは幅53×高さ68×奥行き113mmで、パソコンとはUSB2.0で接続。付属ソフトには、撮影したビデオをワンタッチでiTunesに転送したり、YouTubeにアップロードする機能が追加されている。

 発表会の冒頭では、デザインを担当した同社デザインセンター商品デザイングループの別宮利佳子氏と、技術担当のカムコーダー事業部技術部電気グループの福島麻梨子氏が登壇し、司会者も含めて女性だけで商品コンセプトが語られた。今回の新製品は、女性を強く意識した設計となっているためだ。「友人の結婚式やパーティで、女性が持っても違和感がないようにデザインした。『持ってもきれい、撮ってもきれい』のコンセプトの下、デザインと技術の両立を目指した」(福島氏)という。一例として紹介されたのが「2wayストラップ・グリップベルト」。これは、撮影時に手を通して落下を防ぐのみならず、手首にかけて持ち運びを楽にするストラップベルトだ。「子供を持つ母親が、カメラを持ったまま子供の面倒を見られるように提案した」(別宮氏)。女性向けのカラーバリエーションも用意し、GZ-HD320がブラック、GZ-HD300はレッド、ブルー、シルバーの3色がある。