PR

 タニタとNTTレゾナントは2009年1月21日、タニタの健康計測機器で計測した体重や体脂肪率などのデータを、健康をテーマにしたコミュニティサイト「gooからだログ」上で記録・グラフ化できるサービスの開始を発表した。

 gooからだログは、NTTレゾナントが運営する、健康をテーマにしたコミュニティサイト。利用ユーザーは、体重や摂取カロリー、ジョギングの距離や時間など160項目以上の情報をサイト上に記録してグラフ表示できる。また、こうした情報をほかのユーザーに公開したり、ダイエットなど目標ごとにコミュニティを作ってユーザーが相互交流したりする機能を備えている。

 新しいサービスを利用すれば、ユーザーが測定した体重や体脂肪率、血圧、歩数などのデータを手間をかけずにサイト上に記録・公開して、ほかのユーザーと交流できるようになる。コミュニティを活用することで、「より簡単に楽しく、コミュニティを通じた健康管理が可能になる」(NTTレゾナント メディア事業部サービス部門コンテンツプロデューサーの望月綾子氏)という。

 新サービスを利用するには、通信機能を備えたタニタの体組成計、血圧計、歩数計などを購入し、こうした健康測定機器の測定データをインターネット経由で記録できるタニタの健康管理サービス「からだカルテ」の会員になることが必要。gooからだログの設定画面で、からだカルテのIDとパスワードを入力することにより、サービスを利用できるようになる。

 NTTレゾナントによると、2009年度末までに新サービスの会員を1万人集めるのが目標。今回の連携に合わせて、減量に挑戦する賞金付きのキャンペーンなどを実施する。