PR

 ソニーは2009年1月21日、リニアPCM録音に対応したICレコーダー2機種を2月21日に発売すると発表した。内蔵メモリーの容量が4GBの「ICD-SX900」と、2GBの「ICD-SX800」。いずれも価格はオープン、想定実勢価格はそれぞれ約2万5000円と約2万円。

 録音形式はリニアPCM、MP3のほかソニー独自の圧縮方式を採用しているLPECの3種類に対応する。再生できる形式は、リニアPCM、MP3、LPEC、WMAの4種類。リニアPCMは、原音を圧縮せずに音を記録する点が特徴。臨場感のある高音質記録が可能なことから、ユーザーの関心が高く、各社のICレコーダーでも対応が進んでいる。

 マイク部は左右のステレオマイクと、指向性録音のためのセンターマイクを搭載。どのマイクを有効にするかは用途に応じて切り替えられる。指向性スイッチを切ると左右のマイクが作動し、広範囲から集音する。一方、指向性スイッチを入れると中央部の単一指向性マイクが作動し、マイクを向けた方向の声を集中的に録音する。

 録音時に使うアクセサリーとしてマイクにかぶせて野外での風切り音を低減する「ウィンドスクリーン」と振動ノイズを低減する「スタンド」を付属する。

 録音可能時間は、ステレオ高音質モードで、リニアPCMの場合、ICD-SX900が6時間25分、ICD-SX800が3時間10分。MP3の場合、ICD-SX900が47時間30分、ICD-SX800が23時間35分。LPECの場合、ICD-SX900が70時間10分、ICD-SX800が34時間55分。

 早聞き・遅聞き再生機能を持つ編集ソフト「Digital Voice Editor Ver.3.2」と録音音声の波形編集やエフェクト加工ができる「Sound Forge Audio Studio LE」(30日利用限定版)が付属する。パソコンとの接続は付属のUSBケーブルを使用する。

 本体サイズは幅31.3×高さ130×奥行き15.4mm、重さは約75g。単4形ニッケル水素電池2本が付属(充電アダプターは別売り)。単4形アルカリ電池でも動作する。

 本体のデータが使用できるOSは、Windows 2000/XP/Vista、Mac OS X(v10.2.8-v10.5)。