PR

 「クリック危険、添付に注意」「残されたその裏口が命取り」……。

 システム開発を手がける日立システムアンドサービスは、20009年1月23日、セキュリティ対策のポイントをまとめた「セキュリティいろはかるた」を使ったかるた大会を開催した。

 午前の部では同社社員12人と2009年4月入社予定の学生ら12人が、それぞれ3人ずつチームを組み4カ所で対戦した。トーナメント方式で勝ち抜いた優勝チームにはデジタルカメラ、1回戦の取り札が最多だった個人戦優勝者には「ニンテンドーDSi」がそれぞれ賞品として提供された。会場では札を取ろうとした社員が思わず転倒するなど白熱した一場面もあった。

 同社でのかるた大会は4回目。これまでは社員の親睦目的で開催されてきたが、今年は内定者のほか、午後の部では取引先など外部の参加者も交えて実施された。

 「セキュリティいろはかるた」は2006年3月に公開したものの第2弾。同社のセキュリティ関連を取り上げたブログで一般から募集した読み札の内容などを反映して作成した。