PR

 コレガは2009年1月29日、USB 2.0を搭載した2台のパソコンをつないで、片方からもう一方をリモートコントロールできるようにする機器「CG-UMPC2RUL」を発表した。この機器を使って、ネットブックなどの小型ノートと、使い慣れたデスクトップパソコンをつなげば、デスクトップ機のキーボードでネットブックを操作できるようになる。発売は1月下旬。価格は6615円。

 この製品の使うのに、ネットワークの設定などは必要ない。ネットブックの画面は、デスクトップ機のディスプレイ内に表示されるため、2台の画面を確認したり、切り替えたりしなくてもよい。本体内蔵の専用ソフトを使えば、2台のパソコン間でファイルの交換も可能である。

 対応OSはWindows 2000/XP/Vistaで、異なるOSのパソコン同士でも使用可能。外部電源は不要。サイズは幅95×奥行き29×高さ15mm(ケーブル含まず)、重さ94g。