PR

 マウスコンピューターは2009年1月30日、DSP版のWindows XP Home Editionをプリインストールしたパソコンを2月以降も継続販売すると発表した。DSP版Windows XP Professionalへのカスタマイズ対応も継続する。

 DSP版は、パソコンメーカーに提供されるOEM版の一種で、メーカーによる独自の改変は許されないが、メモリーやハードディスクなどのパーツとセット販売したり、パソコンにプリインストールして販売したりできる。大手メーカーに提供される通常のOEM版Windows XPは、既に2008年6月30日に提供が終了しているが、DSP版については提供期限が2009年の1月31日と設定されていた。このため一部のパソコンメーカーは、このDSP版XPをプリインストールしたパソコンを現在でも販売している。

 DSP版XPの提供期限については「1月31日まで」という日付ばかりが一人歩きしているため、「DSP版XPの購入は1月が最後のチャンス」と誤解している人が少なくない。ところが、この日付は「マイクロソフトへの発注期限が1月31日まで」という意味で、在庫の販売については期限が設定されていない。そのため、1月末までに発注していれば、2月以降もDSP版XPの販売は可能だ。そこでマウスコンピューターは、DSP版XPの販売を当面続けられるように、事前に在庫を確保。2009年第2四半期までの販売を予定し、在庫が終わり次第、販売を終了するという。

 DSP版XPについては、現在プリインストールパソコンを販売しているエプソンダイレクト、オンキヨー、KOUZIROなども2月以降の販売継続を表明していて、XPを使い続けたいというユーザーのニーズに応えていくという。

 一方、大手パソコンメーカーが提供する「XPダウングレードサービス」も、2月以降、提供が継続される。これは、Vista BusinessまたはUltimateに付随する「ダウングレード権」を行使して、VistaパソコンにXPを入れ直し、XPパソコンとして出荷するサービス。各メーカーともWebで直販する製品や法人向けに提供している。このサービスは、当初DSP版XPの提供が終了する2009年1月31日で終了する予定だったが、マイクロソフトが方針を転換し、2009年7月31日まで延長された。

 特に企業ユーザーの中には、業務用アプリケーションの互換性などに対する心配から、なかなかVistaへと移行できないケースが多い。DSP版XPの販売継続とダウングレードサービスの延長により、そうしたユーザーにとっても、当面はXPパソコンを入手する道が残されたことになる。