PR

 米グーグルは2009年2月1日、日本時間の同年1月31日23時30分から2月1日0時25分(米国太平洋標準時間では、同年1月31日6時30分から7時25分)、検索サイトのGoogleで表示された検索結果すべてに「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。」という警告が表示されていたことを明らかにした。原因は「単純な人的ミス」。

 Googleでは、危険なページ(例えば、ウイルスが仕込まれているようなページ)が検索結果に表示された場合、「このサイトはコンピューターに損害を与える可能性があります。」というメッセージを表示して、ユーザーに警告している。

 危険なページかどうかは、非営利団体「StopBadware.org」とグーグルが共同で管理するブラックリストに基づく。リストに含まれているページ(URL)が検索結果に表示された場合には、前述のような警告メッセージが付与される。

 リストは定期的に更新され、危険なページのURLが追加あるいは削除される。今回、このリストの更新時に「単純な人的ミス」が発生したため、すべての検索結果に警告メッセージが表示されてしまった(図1-図3)。

 具体的には、ブラックリストに「/(スラッシュ)」というパターンを誤って混入。「/」が含まれるURLのページを、危険なページとして警告するように設定してしまった。「/」はすべてのURLに含まれるため、すべてのページで警告が表示された。

 今回の問題について、副社長のマリッサ・メイヤー氏は、公式ブログにおいて「御迷惑をおかけしたユーザーの皆様、およびに、誤ったメッセージをともなって検索結果に表示されたサイトオーナーの皆様に深くお詫び申し上げます」と陳謝。「今後は問題の再発防止につとめて参ります」としている(以上は、公式ブログの日本語訳ページから引用)。

 なお、グーグルの情報では、2009年2月1日0時25分(日本時間)まで問題が続いたとしているが、編集部で確認したところ、同年2月1日0時15分ごろには、誤警告は表示されなくなっていた。