PR

 TCBテクノロジーズは、プリンターのトナーやインクの使用量を節約する省資源化ソフト「Toner Cutter Ver. 2.2」に、管理サーバー機能を加えた上位版「Toner Cutter Pro Ver. 2.2」を2009年2月6日発売する。5ユーザー以上が対象で、1ユーザーあたり単価は7140円(5~49ユーザー)から5880円(500~999ユーザー)。CD-ROMとユーザーガイド付きのメディアパックを5250円で販売する。

 「Toner Cutter」は、アプリケーションから印刷出力する際に、トナー/インクの使用量をあらかじめ設定した印刷濃度にして使用量を抑え、最大で75%節約する。使用量は1%刻みで設定可能。2008年7月に発売して企業・官庁などで利用されているという。「Pro Ver. 2.2」は、これに各PCの印刷設定をサーバー管理者から一括変更できる機能を追加したバージョン。

 システムは、各PCにインストールする「Toner Cutter Pro クライアント」と、管理サーバーモジュールの「Toner Cutter Logger」で構成。サーバーモジュールが各PC内のクライアントを一括管理し、設定変更や、印刷時の履歴の記録などを行う。またPCを部門別に分け、部門ごとに異なる節約率を設定することもできる。

 このほか、ライセンス管理機能を備え、取得済みのライセンスを登録・管理して、PCやユーザーに割り当てる。さらに収集したログの「印刷ログ簡易ビューア」への表示、特定のアプリケーションだけでインク節約を無効にする機能や、文書にカラー透かしを挿入する機能なども備える。

 プリンタードライバーに依存せず、印刷時間は通常とほぼ変わらない。サーバー側対応OSは、Windows 2000 Professional/XP/Vista、Windows 2000 Server/Server 2003。クライアント側の対応OSはWindows 2000 Professional/XP/Vista。いずれも32ビット版のみ。15日間試用可能な評価版も用意した。