PR

 家庭向け医療機器のIT化を促進する非営利団体「コンティニュア・ヘルス・アライアンス」は2009年2月3日、体重計や血圧計といった健康管理機器とパソコンや携帯電話などのデータ管理機器を相互接続するためのガイドライン「コンティニュア・ガイドライン第一版」を発表した。

 同アライアンスはインテル、オムロンヘルスケア、シャープ、パナソニックなど約180社が参加する非営利団体。メタボリック症候群や生活習慣病の予防のために、ICT技術と健康管理機器の有効活用を推進している。今回発表したガイドラインは、メーカーや製品の種類を問わずに、各種健康機器とパソコンなどを相互接続するための標準規格と実装方法を規定したもの。

 今回発表した第一版ガイドラインで、相互接続のために採用した標準規格は3つ。通信規格にはIEEE 11073を採用し、機器の無線接続には、医療機器に特化したBluetooth仕様の「Bluetooth Health Device Profile Specification」を採用、機器の有線接続には、医療機器向けUSB仕様の「USB Personal Healthcare Device Class Specification」を採用している。そのほか、無線LANなどの対応は、第二版以降のガイドラインで採用を検討する模様だ。

 ガイドライン準拠の製品については、製品やパッケージなどにコンティニュアの認証ロゴを添付する。「認証ロゴを取得した製品はまもなく市場に出回る」(コンティニュア・ヘルス・アライアンスのエグゼクティブ・ディレクター、チャールズ・パーカー氏)という。また、発表に併せて、今後ガイドライン準拠を予定している血圧計や体重計のほか、パソコンや外付けのBlutoothモジュールを紹介した。