PR

 サイバーエージェントと日本IBMは2009年2月3日、ブログやコミュニティーなどインターネット上でのユーザーの興味や行動を分析する技術を開発したと発表した。時間によって変化する傾向をより的確、効率的に把握できるという。サイバーエージェントが運営するブログサイト「Ameba(アメブロ)」で3月から、同技術を活用した新機能を提供する予定。

 開発した技術は、ブログを読む、コメントを書き込むといった「ユーザー行動」と、ユーザーが読み書きするブログやコメントなどの「テキストデータ」の2つの情報を軸に、ユーザーの好みや傾向などを分析する。IBMと顧客が協力して、先進的なソリューションを生み出す「First-of-a-Kind(FOAK)プログラム」の一環として共同研究プロジェクトを立ち上げ、開発した。

 Amebaに実装する予定の新機能は「ブログ推薦機能(仮称)」と、「ブログサポーター機能(仮称)」の2種類。「ブログ推薦機能」は、ブログの文章やコミュニティー内のブログ閲覧履歴などを分析して、趣味・趣向が合うユーザーのブログを、おすすめブログとして紹介する機能。

 「ブログサポーター機能」は、Amebaでブログを執筆する約3500人の芸能人・有名人ブログ読者を対象にした機能。アクセス回数や投稿コメント数、コメントの内容や読者自身のブログ内容を総合的に分類し、熱心な読者を「ブログサポーター」として各有名人ブログ上に掲載する機能。これらの機能の実装により、ブログ間の回遊性の向上を狙う。