PR

 ソネットエンタテインメントは2009年2月3日、宝島社が発行する雑誌「CUTiE」と合同で、「CUTiE×ヘアスタ 変身スタジアム」と題したイベントを実施した。このイベントは、宝島社が発行するムック「大久保美幸の神ワザ変身メイク」の発売と、ソネットエンタテインメントが運営する携帯電話向けサービス「ヘアスタ」のPRを兼ねたもの。会場となった池袋サンシャインシティには、お笑いタレントの桜塚やっくんなどが登場して会場を沸かせた。

 ムックの「大久保美幸の神ワザ変身メイク」はヘアメイクアーティストの大久保美幸さんが雑誌「CUTiE」上で担当しているコラムの内容をまとめたもの。大久保さんが読者をモデルに、身近な化粧品やグッズでかわいらしく変身するためのメイクテクニックを紹介するものだ。

 携帯電話向けサービスの「ヘアスタ」は、会員制の髪型カタログサイト。携帯電話のカメラ機能で自分の顔写真を撮影し、メールに添付して送ると、サイト上の髪型の写真と合成され、返信されてくる。手軽に似合う髪型をシミュレーションできるサービスだ。

 今回の合同イベントは、ムックの発売に合わせ、ムックに掲載された一部の髪型が「ヘアスタ」で試せるようになったことをアピールした。イベントでは、大久保さん自身が登壇。スケバンスタイルのネタで知られるお笑いタレントの桜塚やっくんと、「ノーブラヤッホー」のネタで知られるお笑いコンビのモエヤンの髪型を「ヘアスタ」でシミュレーションした後、大久保さんがメイクを施した姿で登場させた。

 普段はスケバン姿の桜塚やっくんは、ロリータ風の少女に変身。「スケバンを卒業してモデルに転身するため、原宿で声を掛けられそうな感じにしてもらった」と説明。会場でイベントを見ていた若い女性からは「かわいい~」と歓声が上がった。一方、モエヤンの2人はミュージシャンのパフィー風のスタイルで登場。「せっかく変身したので、サンシャインシティの中を歩いてみたい」と笑顔を見せた。