PR

 ニコンの子会社であるニコンイメージングジャパン(本社:東京都港区)は2009年2月3日、単3形の乾電池で動作し、初心者でも使いやすいデジタルカメラ「COOLPIX L」シリーズから、「COOLPIX L100」(3月13日発売、写真1)と「COOLPIX L19」(2月20日発売、写真2)を発表した。いずれもオープン価格だが、予想実売価格はL100が3万5000円前後、L19は1万7000円前後である。

 カメラが被写体の動きを検知すると、自動的にシャッタースピードを速くして手ブレや被写体ブレを低減する「モーション検知」機能をともに搭載。「らくらくオート撮影」モードでは、撮影状況を判別して最適なシーンモードを設定する「おまかせシーンモード」機能を追加した。このほか、顔認識オートフォーカス、笑顔撮影、目つぶり検出、赤目軽減機能を備えている。電源はL100が単3形電池4本、L19は同2本。

 「COOLPIX L100」は有効画素数が10メガピクセル。光学15倍ズームレンズ(35mm判換算で、広角28mmから超望遠420mmに相当)を搭載し、4倍電子ズームと併用すれば1680mm相当の撮影画角が得られる。レンズ前約1cmまでのマクロ撮影も可能。優れた補正効果を発揮する「イメージセンサーシフト方式手ブレ補正」に加え、最高毎秒約13コマ、最大30コマまでの高速連写ができる「スポーツ連写モード」を搭載。最高でISO 3200までの高感度撮影もできる。液晶モニターは3型TFTを搭載。サイズは幅110×高さ72×奥行き78mmで、重さは約355g。

 「COOLPIX L19」は有効画素数8メガピクセル。光学3.6倍ズームレンズ(35mm判換算で、41~145mmに相当)を搭載し、4倍電子ズームと併用すれば580mm相当の撮影画角になる。レンズ前約5cmまでのマクロ撮影も可能。感度は最高ISO 1600まで対応する。2.7型TFT液晶モニターを搭載。

■変更履歴
当初は「サイズは幅110×高さ72×奥行き78mmで、重さは約355g」というスペックを「COOLPIX L19」のものとして記述していましたが、「COOLPIX L100」のスペックでした。本文は修正済みです。 [2009/2/5 12:45]