PR

 シマンテックは2009年2月5日、同社が実施した「第2回PCのセキュリティに関するアンケート」の結果を発表した。これによると、企業ユーザーは、USBメモリーなどから侵入するセキュリティ脅威に危機感を抱いており、その対策への関心も高いことが分かった。

 この調査は2008年9月2~16日にWebアンケートで実施した。主な質問内容は、必要と考えるクライアントパソコンのセキュリティ対策やセキュリティ関連業務の負担の増減、クライアントセキュリティ製品の選択ポイントなど。勤務先でネットワークセキュリティ関連業務に従事する人から、441件の回答を得た。

 回答によれば、勤務先にセキュリティ脅威やリスクが入り込む侵入経路として、最も影響が大きいと考えるのは、1位が「USBやCDなどのメディア」で33.3%。次いで「スパムや偽メールの添付ファイル」(25.6%)、「本文にURLを含むスパムメール/偽メール」(19.0%)となった。

 勤務先で管理しているクライアントパソコンで今後対策が必要と考えるのも、1位は「USBメモリーによる情報漏洩」(51%)となった。昨今、被害が増えているUSBメモリーによるウイルス感染への危機感が強いことが分かった。

 過去3年間で、クライアントパソコンのセキュリティ対策業務の負担は増えたかという設問では、「増えた」と「やや増えた」が計83.7%に達した。その理由(複数回答)は、「情報漏えい対策の実施」(65.0%)、「管理対象PCの台数増加」(52.0%)などだ。

 そのほか、クライアント向けのセキュリティ製品の選択する理由(複数回答)は、最も多いのが「導入コスト」(38.1%)であり、「脅威の検知・駆除能力が高い」(34.2%)、「最新の脅威への対応が早い」(28.3%)と続いた。