PR

 ラムバスは2009年2月5日、携帯機器向けの次世代メモリー技術「モバイル・メモリ・イニシアチブ(MMI)」を紹介した。同社はメモリーの開発などを手がける米ラムバスの日本法人であり、MMIは米社が2月2日(米国時間)に発表したもの。高速化と低消費電力化が特徴であり、携帯電話、スマートフォン、ネットブック、携帯ゲーム機などでの採用を見込んでいる。

 MMIを使ったテスト用のメモリーチップパッケージでは、最大4.3Gビット/秒の帯域幅を実現できたという。これは「携帯電話向けのメモリーでは最高」(同社)。また、DRAMメモリーにMMIを採用した場合、単一のデータ転送速度は最大で約17GB/秒になるという。消費電力については、「従来の携帯電話向けメモリーと比べて、MMIは4分の1から5分の1まで抑えた」(同社)としている。