PR

 マイクロソフトは2009年2月5日、Internet Explorer 8(以下、IE8)の新機能を利用した各社の新サービスを発表した。国内のコンテンツプロバイダーやWebサービスプロバイダー21社が、80種類以上のサービスを同日より提供する。1月27日に公開したIE8の製品候補版(RC)でも利用可能だ。

 これらの新サービスは、IE8の新機能である「アクセラレータ」「Webスライス」「検索候補」を利用する。発表会では、NTTレゾナント、カカクコム、ヤフーの3社がゲストとして駆け付け、それぞれのサービスについて説明した。

 IE8の検索ボックスで利用できる「検索候補」や「ビジュアル検索」の例として紹介されたのが、NTTレゾナントの「goo Visual Search」。これは、同社が運営するポータルサイト「goo」で前日の検索ランキング1万位までに入ったキーワードの中から、ユーザーが入力した言葉を含むキーワードを最大で10個、候補としてリスト表示するものだ。例えば「こうだ」と入力すると、「講談社」「倖田」「公団」などの候補を表示する。加えて「gooニュース」や「goo映画」、「goo音楽」の中から、タレントやミュージシャンの情報をサムネイル画像とともに表示。最小の入力で必要な情報を探せるようになる。ひらがなで入力しても漢字の候補を表示するので、漢字がわからなくても必要なキーワードを指定できるのが利点だ。

 「アクセラレータ」を利用したサービスは、NTTレゾナント、カカクコム、ヤフーの3社がそれぞれ提供する。アクセラレータとは、ブラウザー上で選択した文字列の意味や関連情報を、Webサイトを移動することなく即座に表示する機能。文字列を選択するとアイコンが表示され、そこからメニューを選ぶと、辞書の検索結果などがその場でポップアップ表示される。これまでは単語を選択してコピーし、検索サイトに移動して単語を貼り付けて検索していたが、そんな面倒な操作が不要になる。

 NTTレゾナントとヤフーは、各ポータルサイトで提供している辞書検索機能をアクセラレータで利用できるようにした。またカカクコムは、製品名を選択してアクセラレータを起動するだけで、価格情報が表示されるサービスを提供する。

 頻繁に更新されるWebサイトの情報をツールバー上ですぐに確認できる「Webスライス」についても、3社がともに提供する。NTTレゾナントは、今日の天気や占い、テレビ番組情報を随時更新して表示するWebスライスを公開。カカクコムは、指定した製品の価格情報を表示するWebスライス、ヤフーは「Yahoo!オークション」の入札状況をいつでも確認できるWebスライスを提供する。

 マイクロソフト コマーシャルWindows本部で本部長を務める中川 哲氏はIE8について、「1月27日の公開以来、大きなトラブルはなく、製品候補版としては非常に完成度の高いものを提供できている。また製品候補版の段階でこれだけのパートナーに賛同いただき、対応いただいているのはブラウザー史上初めてのこと。サービスも整ってきているので、できるだけ多くのユーザーに使っていただきたい」と自信をのぞかせた。

 なお、マイクロソフトは同日、IE8向けの「アドオンギャラリー」のベータサイトを公開した。これは、アクセラレータや検索候補、Webスライスなどのアドインを集約して案内するサイトで、ユーザーは、ここからアドインを選択し、ダウンロードすることもできる。また、個人や法人を問わず、作成したオリジナルのアドインをここに登録し、公開することも可能になる。