PR

 バンダイネットワークスは2009年2月6日、フジテレビの子供番組で人気のキャラクター「ガチャピン」と「ムック」をモチーフとしたネットブック「ガチャピン&ムックのモバイルノートパソコン」を発表した。完全受注生産で、同日から3月20日(予定)までバンダイネットワークスの直販サイト「LaLaBit Market」および携帯電話向けサイト「バンダイキャラストア」で予約を受け付ける。直販価格は7万9800円。

 本体の外観はガチャピンのイメージ。色はガチャピンと同じ黄緑色で、天板にはガチャピンの顔のマークをプリントした。一方、付属の専用ケースは、ムックをイメージしたデザインになっている。

 内部のコンテンツは、ガチャピンとムックの2人のキャラクターをあしらっている。壁紙はガチャピンとムックのそれぞれを用意。テレビ番組表や天気予報などのデスクトップガジェット、スクリーンセーバーなども2人のイラストを用いた。

 パソコンの各種効果音にガチャピンやムックの声を設定できる。例えば、起動時には「おはよう~」「もうちょっとねかせてよぉ~」、バッテリー低下時には「おなかすいたなぁ~」、メール着信時には「だれからかなぁ?ムック(ガチャピン)かなぁ」など、状況に合ったせりふを話す。「なんでやねん!」「あっちゃぁ~」といった関西弁のせりふも設定可能だ。

 本体は工人舎の「ML Series」をベースにしている。主な仕様は、CPUがAtom N270(1.6GHz)、メモリーが1GB、ハードディスクが160GB、ディスプレイが8.9型光沢液晶、OSはWindows XP Home Edition。無線LANやワンセグチューナー、Webカメラなどを搭載する。本体サイズは幅228×奥行き187×高さ22.3~33mm、重さが約1.08kg。バッテリー駆動時間は約4.7時間。