PR

 ソフマップは、オリジナルのデスクトップパソコン「バーガーパソコン」の春モデルとして、オンラインゲーム「モンスターハンター フロンティア オンライン」推奨モデルなど、3機種を2009年2月6日にソフマップとビックカメラ各店で順次発売する。3機種とも、グラフィックカードに「NVIDIA GeForce 9800 GTX+」を搭載して描画性能を強化した。

 「モンスターハンター」推奨モデルの「フライドフィッシュバーガー(SPR-E85GXH09B)」(写真1)は、CPUがCore 2 Duo E8500(3.16GHz)、4GBのメモリー、640GBのハードディスク(HDD)、DVD2層書き込み対応のスーパーマルチドライブを搭載する。OSはWindwos XP Home Edition。

 また、新ピクチャーレーベル仕様の「モンスターハンター フロンティア オンライン オリジナルインストールディスク」(非売品)のほか、オリジナル防具の「デュオシリーズ」や、ゲーム序盤で役立つアイテムを詰め合わせた「便利アイテムセット」のイベントコードが付属する。販売価格は10万9800円。

 中位モデルの「ビッグバーガー(SPR-Q955GXH09A)」は、CPUがCore 2 Quad Q9550s省電力版(2.83GHz)、4GBメモリー、640GB HDDを搭載。OSはWindows XP Home Edition。販売価格は12万9800円。

 最上位モデルの「メガバーガー(SPR-I92GVP09B)」は、CPUがCore i7-920(2.66GHz)、3GBメモリー、1TB HDDを搭載。OSはWindows Vista Home Premiumで、販売価格は13万9800円。