PR

 カカクコムが2009年1月下旬に行った携帯電話に関するアンケート調査によると、端末の新規購入や機種変更にかけられる予算は「2万円未満」という人が約65%を占めた。一方、過去1年間に端末を買った人が支払った金額は「5万円以上」が約17%で最も多く、合計約55%の人が2万円以上を支払っており、予算と実際の購入にかかる金額に差がみられた。

 最近1年以内に端末を買った人は全体の42%。過半数が1年以上端末の新規購入や機種変更をしておらず、購入時期が2年以上前という人は25%いた。

 春商戦期となる今後3カ月以内に新端末の購入や買い替えを検討/希望している人は約23%。購入予定はないという人が43%で、ほかに「購入したいが金額が高すぎる」という回答が24%あった。携帯電話に期待することを自由回答で尋ねたところ、「機能を絞り込んでほしい」「端末を値下げしてほしい」といった声が多かったという。

 調査は1月22―27日の期間、価格比較サイト「価格.com」の会員を対象に実施した。有効回答数は8517。性別の内訳は男性88.7%、女性11.3%。