PR

 パナソニックは2009年2月9日、左右方向の音を抑えて前方向の音をしっかり録音できるICレコーダー「RR-US590」「RR-US570」を発表した。発売予定は3月13日。予想実勢価格は内蔵メモリーが2GBのRR-US590が約1万5000円、1GBのRR-US570が約1万円となる。

 RR-US590/US570は、本体上部の左右に2個のマイクを搭載し、ステレオ録音ができる。さらにモノラル録音時には、2個のマイクが集めた音を合成処理することにより、左右方向の音を抑えて本体上部を向けた前方向の音を強調して録音できる機能を持つ。本体裏のスタンドを使って机上で録音するときも、同様に強調効果が得られるという。

 本体には録音する状況に応じてワンタッチで設定を変更できる「録音ポジションスイッチ」を備える。一人の声を狙う「ズーム」、会議など複数人の発言を録音する「ワイド」、感度やマイクの設定を自分で調整しておける「マニュアル」の3つのモードを簡単に切り替えられる。

 録音時の音声ファイル形式はMP3を採用する。最高音質のXPモードの場合、RR-US590が最大36時間、RR-US570が最大約17時間50分録音できる。録音した音声や保存したデータにパスワードを設定できるセキュリティ機能を持つ。電源は単4形乾電池2本を使う。付属のアルカリ乾電池の場合、最大45時間連続録音できる。サイズは幅39×高さ110.6×奥行き15.1mmで、重さは65g(電池を含む)。本体内蔵のスピーカーは直径20mmで最大出力は245mWとなる。