PR

 日本ヒューレット・パッカードは2009年2月12日、ネットブック(低価格ミニノート)の新機種となる「HP Mini 2140 Notebook PC」を発売した。同社の直販サイトで販売する。直販価格は最小構成で6万4890円。

 新機種では、液晶ディスプレイを8.9型横長から10.1型横長に大型化した。表示解像度は1280×768ドットから1024×576ドットに低下したものの、文字などの見やすさは向上している。同時に、CPUを従来のVIAのC7-M(1.2GHzまたは1.6GHz)からインテルのAtom N270(1.6GHz)に変更。性能面を強化した。

 標準バッテリーの駆動時間は4.5時間。別売の長時間バッテリーを利用すると9時間となる。重さは1.19kg(長時間バッテリー利用時は1.35kg)。従来はバッテリー駆動時間が2.3時間、重さは1.27kgだった。携帯性が高まったことで、外出先での利用が容易になっている。

 メモリー容量は1GB、ハードディスク容量は160GB。本体にExpressCardスロットおよびSDメモリーカードスロットを装備する。ディスプレイ上部にはPCカメラも備え、動画チャットなどの用途に対応できるようにした。ネットワーク機能として1000BASE-Tの有線LANとIEEE 802.11b/gの無線LANを採用した。OSはWindows XP Home Edition SP2。