PR

 デルは2009年2月10日、マルチタッチ対応のタッチパネル液晶を搭載した、企業向けでB5サイズのタブレットPC「Dell Latitude XT2」を発売した。マルチタッチ対応のタッチパネルでは、キーボードやスタイラスペンによる入力だけでなく、指先の自然な動きによる直感的な操作が可能である。既存モデル「Latitude XT」の後継機種で、12.1型液晶(1280×800ドット表示)を採用した。同社の直販サイトでのスタンダードパッケージの価格は25万6200円。

 液晶画面が回転するコンバーチブル型であるため、デスクワーク時はノートパソコンとしてキーボードで入力し、屋外での利用時は画面を上に向けてペン入力を使用するなど、利用シーンに応じて使い方を変えられる。ノートパソコン利用時に使うタッチパッドとトラックスティックに加えて、タブレットパソコン利用時の操作に便利な「バックボタン」「タブレットスクロールホイール」「Windows CTRLボタン」「スクリーンローテーションボタン」「ツールボタン」の5つのボタンを備える。

 スタンダードパッケージの仕様は、CPUがCore 2 Duo SU9300(1.20GHz)、DDR3メモリーは2GB、チップセットはモバイル Intel GS45 Express、ハードディスクは80GB、通信機能はギガビットイーサ、IEEE 802.11a/b/g/n。OSはWindows Vista Business。バッテリーは4セルバッテリー。

 このほか、6セルバッテリーや9セルリチウムイオン大容量バッテリーを用意。さらに、太陽光の下での使う際に便利な、輝度1平方メートル当たり約400cdの「デイライトビューイングディスプレイ」をBTOオプションで用意した。

 本体サイズは、幅297×奥行き218.6×高さ25.4mm。重量は4セルバッテリ装着時で1.64kg。