PR

 ソースネクストは2009年2月10日、Microsoft Excelをビジネスで使う上で必要なスキルを診断できるWebサイト「仕事に活かせる 特打式 Excel検定」を公開した。同社の「特打」シリーズのサイトから無料で利用できる。9月30日までの期間限定。

 クイズ形式の問題に答えていくだけで、Excelのスキルを5段階評価で判定するサービス。「Excelの超基本」「基本操作」「数式・関数」「書式・レイアウト」「応用」の5つのカテゴリーから各5問の計25問が出題される。所要時間は約10分。

 回答後は、得意分野・苦手分野がわかるチャートが表示され、総得点数から「エクセル見習い」「普通のエクセル使い」「名うてのエクセラー」などの評価が与えられる。一部の問題は動画での解説もあり、実際の作業手順を確認できる。

 同社が企業の人事担当者33人にアンケートを実施したところ、オフィスソフトの中で最も重要視するソフトはExcelであるとの回答が72.7%を占めたという。